自動車

自動車業界において半導体製品の使用は、ここ数十年において急速に拡大そして成長し続けています。 その結果、現在における半導体サプライチェーンは、自動車メーカーの生産計画に不可欠になっています。 すべての自動車製品と同様に、半導体製品を調達する際には、品質、信頼性、およびライフサイクルが重要であり、信頼できるパートナーシップが必要です。

自動車業界は、1950年代からパワー半導体を使いはじめ、1970年代にはシンプルなマイクロコントローラへ移行しています。また特に高度な安全機能やハイブリッドおよび電気自動車の導入により、複雑さおよび生産量ともに増加し続けています。生産量の増加に伴い、多くの半導体メーカーは、品質管理システムの規格であるIATF-16949、信頼性試験の規格であるAEC-Q100、および環境マネジメントシステムに関する国際規格のISO-14001などの規格に準拠し始めました。自動車内の極端な動作条件のため、多くの半導体製品は商業的環境よりも、さらに幅広い温度範囲での動作が求められます。そのため自動車業界で使用される、多くの半導体製品は、-40℃から125℃の温度範囲で動作するように認定されている必要があります。

もう一つの自動車業界における主要条件は、製品のライフサイクルです。年々モデルの変更はありますが、基盤となる部品や組立は何年も使用し続けることが可能です。多くの場合、最低でも10年のライフサイクルが必須条件となっています。しかし、多くの自動車の平均ライフサイクルは10年以上となっており、製造メーカーは生産の完結、アフターマーケットおよび修理の要件にわたり、ライフサイクルに取り組む必要があります。

ロチェスターエレクトロニクスは、長期製品ライフサイクルが要求される自動車メーカー向けに、半導体製品の継続供給をサポートすることに注力しています。

ロチェスターエレクトロニクスでは、70社以上の主要半導体メーカーより認定された現行品および製造中止品(EOL)を提供しています。またオリジナル半導体メーカー認定の製造メーカーとして、ダイ換算で120億個以上のウェハ在庫を持ち7万種類を超える製品展開が可能、また今まで2万種類以上の再生産実績があります。

ロチェスターでは、半導体製品の顧客および当社のパートナー向けに以下のサービスを提供しています。

ウェハ設計

  • ウェハ・マップの生成、裏面研磨、ダイシング、検査およびピック&プレース

ダイの保管

  • リアルタイムの監視およびバックアップ機能を備え、窒素制御環境での長期保管が可能な最先端施設

信頼性および電気的試験

品質認証:

  • ISO-14001
  • ANSI/ESDS20.20-2014
  • IATF-16949 – 2021年予定
  • AEC-Q100信頼性試験規格 – 2021年予定
メーカーの一覧はこちら
在庫検索はこちら
再生産ソリューション
品質
authorized_guarantee_3D_Final_ENG