再生産とエミュレーションの違いをご存知ですか?

エミュレーション:オリジナル製品の機能を模倣し、さらには、タイミングを模倣しようとします。

再生産(製品の複製またはクローン):同一の半導体製造プロセスを使用し、物理的にも電気的にも複製することです。ピンごとの構造、同一のダイサイズ、およびサイクルごとのタイミングの一致により、再生産された製品は元の製品とまったく同じように動作することが100%保証されます。

Re-creation vs Emulation

認定された製品の複製手段としてエミュレーションを選ぶべきではありません。エミュレーションプロセスは、製品の機能を模倣し、タイミングもオリジナル製品を模倣しようとしたものになります。多くの場合、エミュレートされた製品の機能は不完全であり、顧客がシステムソフトウェアの検証段階に入っている場合、テストの最終段階で失敗する可能性があります。エミュレーションは一見再生産に比べ、コストの削減になっているように見えますが、システムの検証中にコストが急激に増えることも経験により証明されています。さらに、エミュレートされた製品は、オリジナル半導体メーカーのテストプログラムを用いてテストすることが出来ないため、オリジナル製品と同じ条件や要求にあった性能になる保証はありません。重要なアプリケーションにおいて、世界中の人々の健康、安全、セキュリティにリスクをもたらします。

顧客は、航空、軍事、産業用制御、および医療機器などで需要のある、製品ライフサイクルをサポートする再生産された製品を求めて、ロチェスターエレクトロニクスに問合せ頂きます。オリジナル半導体メーカーに認定された複製および移管された半導体製品のリーダーとして、ロチェスターの再生産製品ポートフォリオには、マイクロプロセッサ、DSP、マイクロコントローラ、ミックスシグナル、フルデジタルまたはアナログ設計が含まれます。航空関係の顧客は、ロチェスターエレクトロニクスと協業することで、認証にあたり簡単なマイナーチェンジとすることを可能にする製品を再生産し、費用のかかるDO-254再認証パスを回避しています。さらに、ロチェスターの方法論と業界をリードする開発チームにより、顧客はFPGA、PLD、またはその他のプログラム可能なソリューションを、製品ラインの寿命に合わせて対応可能な製品に移行することができます。

ロチェスターエレクトロニクスは、高価で長期にわたるシステムの再認定、再認証、または再設計を行わずに、オリジナルの製品を再生産することが可能です。再生産品は、オリジナルのデータシートの機能や仕様を保証する、完全互換となる製品です。そのため、ソフトウェアの変更は必要ありません。

  • オリジナル製品のアーカイブ情報またはダイそのものから物理設計の複製
  • デバイス解析による物理プロセスの複製
  • リバースエンジニアリングの活用
  • 電気特性の複製
  • ITAR適合デザインの生成 (International Traffic in Arms Regulations (ITAR)=武器国際取引に関する規則)

100%ソフトウェア互換性

さらに読む